私の便秘症は13年もの長い間続き、
とても苦しい思いをしましたが、
半年前にようやく長い便秘症にピリオドを打つことができました。

 

13年の経験からハッキリ言えることがあります。それは、
巷で便秘に良いと言われていることは
実践するべきではなかったということです。

 

よかれと思って実践していたこと。
実はこれが知らないうちに便秘解消を妨げていたのです。

 

13年もの間便秘症だったのは、
巷の情報を鵜呑みにしてしまった結果だと
今更ながら後悔をしています。

 

便秘って自力で治そうとするものではなく、
サポートがあってなんぼ。

 

お医者さんに勧められた「ラフィノース」という成分は、
さすがプロが勧めるだけあって

 

私が思っていた想像を遥かに超える
魔法の成分でした。

 

ラフィノースは便秘に効果的!?

ラフィノースっていったいナニモノ?
「ラフィノース」は便秘に良いとは言われていますが、
ピンきりで、人工的に作られたものから
自然素材から抽出した天然ものまで様々です。

 

人工的なオリゴ糖は、
便秘に効くとは言い難いですが、

 

自然素材から抽出された、天然のオリゴ糖は
便秘に効くと色々なサイトでも紹介されていたり、

 

その商品を使用した人からの評判も
良いというのを目の当たりにします。

 

ラフィノース (raffinose) は、天然に存在するオリゴ糖の1種である。主にビートから抽出して精製されるが、キャベツ、ブロッコリー、アスパラガスなど植物に広く含まれている。
ラフィノースの構造は、フルクトース、ガラクトース、グルコース分子が1つずつグリコシド結合によって連なったものである。つまり、三糖に分類される糖である。甘味はスクロースの約20%、カロリーは約半分で、大腸まで届いてビフィズス菌を増殖させる。
※wikipediaより引用

 

少し難しくて言っていることがよく分かりませんが、
要点をまとめると・・・

  • 北海道でしか栽培できない
  • 甜菜(ビート)という大根から抽出できるお砂糖
  • 自然界の天然オリゴ糖(通称ラフィノース)
  • 甘いのにカロリーがお砂糖の1/2
  • 胃や小腸で分解されない(難消化性)エネルギーになりにくいから低カロリー
  • ビフィズス菌の増殖源
  • 公的機関による試験で安全の確認済

甜菜っていったいなに?
これが「甜菜」です↓

 

 

 

これを絞ると砂糖を抽出することができます。
大根なのに信じられないかと思いますが、
別名:砂糖大根とも言われています。

 

便秘に効果があるのは純度が高いおかげ!

多くのメディアでも話題になっているので、
今更ながら説明するまでもありませんが、
便秘を治したいなら一番に善玉菌を増やすこと
と言われています。

 

善玉菌が増えれば、
大腸にある腸内フローラ(腸内環境)が
悪から善に変化するからです。

 

確かに理論上はそうです。しかしながら
巷で言われている方法ではなんとも効果が薄いのです。

 

連日のように便秘の事を取り上げているのにも関わらず、
便秘の人は一向に減っていないのが何よりの証拠でしょう。

ヨーグルト・・・腸に届くまでに多くの善玉菌が死滅してしまう。
食物繊維・・・便の嵩が増えるがその前に腸内フローラが整ってなければ意味が無い。
運動・・・腸の動きが活発になって排便を促すが、運動はみんな苦手で続かない。

このことから、便秘の改善は
善玉菌をより効率的に摂れるかがキモ
となることが予想できます。

 

ここで登場するのがラフィノース。

 

一般的な甘味料に使われているオリゴ糖の純度は、
せいぜい30%がいいところですが、

 

ラフィノースの純度は驚きの98%でかなりの高純度です。

 

効果としては、
腸まで届きやすい、善玉菌の増殖源となります。
つまりはとても効率的ということなのです。

 

また、ラフィノースは信頼できるオリゴ糖との位置づけで、
実際にスッキリ出来ない多くの患者さんに医師が薦めているほどです。

 

ラフィノースのタップリ配合が便秘に効く!?

医師までラフィノースを認めているワケ

前にもお伝えしたとおり
便秘解消には善玉菌が大きく関わっています。

 

善玉菌は大腸に住んでいるので、
オリゴ糖は大腸まで到達しなければ意味がありません。

 

実際には大腸に届くまでに、
ほとんどが酵素によって分解され、
体内に吸収されてしまう悲しい現実があります。

 

よく便秘に良いと言われるヨーグルトを
食べても治らないのはこのパターンです。

 

オリゴ糖には善玉菌を増殖させる効果があるので、
便秘を解消させるには効果的だと、科学的にも立証されています。

 

なぜ便秘の改善に携わっている医師のほとんどが、
オリゴ糖のラフィノース摂取を薦めていますがなぜか分かりますか。

 

それは、ただのオリゴ糖とは違って、
栄養として吸収されにくい難消化性だから
大腸まで死滅せず届くことができ、かつ増殖源になるからです。

 

また天然の素材から抽出されているものなので、
子供はもちろんのこと、妊婦や高齢の方でも
安心して摂れるというのも理由の一つです。

 

<医師がラフィノースを薦める理由5つ>

    1.副作用のリスクが全くない
    ・・・子供や高齢の方、妊婦さんが摂っても全く問題なし

     

    2.効果が実感しやすい
    ・・・難消化性だから大腸まで簡単に届く

     

    3.高純度でムダがない
    ・・・厳しい基準で知られるトクホにも認定

     

    4.カロリーが砂糖の半分
    ・・・ラフィノースが原因で太ることはない

     

    5.健康を維持できる
    ・・・虫歯になりにくい、美肌、動脈硬化予防にも

 

オリゴ糖をどうせ摂るなら、
便秘解消だけではなく、
健康も維持できるオリゴ糖がいいに決まっています。

 

いまのところ健康まで維持できるオリゴ糖は
ラフィノースぐらいしかありません。医師が強く薦めるのも納得できます。

 

医師も勧めるほどの納得できるラフィノースオリゴ糖はこちら→


ラフィノースのメリットとデメリット

  • 量をとりすぎるとお腹が緩くなる場合がある。
  • 効果を感じるのには個人差がある。
  • 継続する必要がある。
  • 糖分だからカロリーはある
  • オリゴ糖の中では高価
  • ネット通販でしか入手できない

ラフィノース主成分のオリゴ糖はどれ

市場に2つしかないからこそ選びやすい!
せっかくなら効果あるものを!

ラフィノースのオリゴ糖は、
北海道でしか育てられない
サトウダイコンから抽出している天然ものなので
残念がら安価ではありません。

 

また希少価値も高いので、
市場に出回っている数もそれほど多くありません。

 

試しに検索してみるとよく分かります。
オリゴ糖商品自体はたくさん出てくるのですが、
ラフィノースを主成分にしているオリゴ糖は、
「はぐくみオリゴ」「カイテキオリゴ」の2つしかありません。

 

両方ともラフィノースを主成分にしつつ、
大腸の奥まで届く難消化性が強い、
ほかのオリゴ糖をブレンドしてさらなる相乗効果を狙っています。

 

そのおかげで便秘解消に、
何かしらの効果を実感できるとしてリピーターも多いです。

 

どちらにしても最重要なラフィノースが入っているのには、
変わりありませんので、どれがいいのかは好みの問題となります。

 

ちなみに、累計売上で言えば、
オリゴ糖が流行る前から販売しているカイテキオリゴですが、

 

はぐくみオリゴは、今のニーズに合ったパッケージだったり、
赤ちゃんにも使えるという安全性を前面に出しているため
比較的新しい商品にも関わらず、
売上の伸びはカイテキリゴを抜いています。

 

カイテキオリゴ

カイテキオリゴ

カイテキオリゴの特徴

ネットと口コミだけで広まり高純度オリゴ糖売上実績日本一に。モンドセレクション3年連続受賞。まんべんなくビフィズス菌を活性化させる発明に成功したEOS理論で特許取得。
原材料(ラフィノース、ミルクオリゴ糖、乳糖、セロオリゴ糖、ショ糖)

価格 1ヶ月分お試し円
評価 評価5
備考 販売から5年だが未だに1分に1個売れている超ロングセラー商品
カイテキオリゴの総評

万が一効果を実感できなくても全額返金保証があるからお試し感覚で試せる。健康管理士が専門で常駐しているので、サポートも受けられる。

はぐくみオリゴ

はぐくみオリゴ

はぐくみオリゴの特徴

満足度の高さはカラダに吸収されにくい5つの高純度オリゴ糖配合で実感力を実現。助産師さんも勧めるほどの信頼あるオリゴ糖。
5種のオリゴ糖配合(ガラクトオリゴ、キシロオリゴ、ラフィノース、フラクトオリゴ、乳果オリゴ)

価格 1ヶ月分初回のみ円
評価 評価5
備考 92.7%の満足率!
はぐくみオリゴの総評

可愛らしいパッケージ。はぐくみオリゴは妊婦や赤ちゃんに使われる方が多い。返金保証は10日間しか猶予がないので効果が実感できるか出来ないかの判断がいまいち難しい。